名古屋・栄のAGA・薄毛・育毛・発毛治療の|平成のふさ武将 > 睡眠の必要性

睡眠の必要性

忙しい毎日で、削れる時間は睡眠時間がまず最初!という人も多いと思います。
ですが薄毛には睡眠時間も大切なのも事実!そこで短くても効果のある『質のよい睡眠』をご紹介いたします。

髪に最もよい睡眠時間

睡眠

睡眠と薄毛はいったいどのような因果関係があるかご存知ですか?
まず、最も大きな所では、睡眠不足は抜け毛の原因となります。
薄毛で悩んでいない人でも気になる位ですから、薄毛で悩んでいる人ならば余計に気をつけたい所です。

髪は寝ている間に成長するといいます。またAGAの専門医に聞くと「一番コストがかからず、一番効果のある方法」が睡眠なのだそうです。

では、どのように眠れば髪に良い睡眠と言えるのでしょうか?
睡眠に関しては一般的にゴールデンタイムと呼ばれる時間があり、 22時~2時の間に睡眠をとる事が最も副交感神経が優位に働くとされていて、発毛にも影響が大きいようです。
またストレスも髪によくないといわれていますが、脳の働かせすぎはストレス耐性を下げます。 脳は眠っている間だけ休む事ができる為、脳を休ませるという意味でも5時間以上の睡眠の確保は髪にいいといえます。

そんな時間に寝る事は不可能だ!であれば・・・

発毛に理想的な時間帯に睡眠をとる事ができないのであれば、次は心身共にストレスの無い、健康的な状態を保つ睡眠、つまり「質の高い睡眠」が必要になります。そこで質の高い睡眠を取る為のコツがあります。

「寝酒をしない」

なかなか寝付けない為に、寝る前に寝酒をする人もいることだと思います。アルコールは寝つきは良くなりますが、深い睡眠を取る事が出来ず、途中で目が覚めたりと脳の疲れがとれません。

「入浴は寝る1時間前までに済ませる」

入浴は交感神経が興奮してしまう為、眠れなくなってしまいます。眠る直前しか入浴できない場合はぬるめのお湯でさっと入ってしまうか、シャワーで済ませるようにしましょう。

「食事は寝る2時間前までに済ませる」

寝る前の食事や、胃にもたれる食事は消化に負担がかかり、良い睡眠の妨げになります。
どうしても食事が遅くなってしまう場合はしっかりとした量をとるのではなく、空腹がまぎれる程度の軽い食事に留めましょう。

寝る前に携帯などをいじらない

寝室でよく、眠くなるまでメールやネットを見ている人もいると思いますが、これは脳を刺激し眠れなくなってしまいます。

寝だめしない

休日は仕事の疲れを取る為に一日寝ているという人もいるかも知れませんが、出来るだけ午前中(遅くても11時まで)に起きる様にしましょう。
寝だめは体内リズムを狂わせ、しかも遅くまで眠ると、夜寝付けなくなってしまい悪循環です。逆に早く寝る分にはいいので、早くに起きて、眠くなったら8時位に眠る、そのほうが疲れを次の日に持ち越さずに脳の疲れも残りにくくなります。

ページの先頭へもどる