名古屋・栄のAGA・薄毛・育毛・発毛治療の|平成のふさ武将 > 薄毛治療の安全性

薄毛治療の安全性

薄毛治療は治療薬に専門的な知識が必要であったり、治療に当たっても特殊な知識が必要です。それは患者にとってもですが、医師にも言える事です。
安全性を求めるのであれば、専門的な知識が豊富な医師が在籍している病院を選びましょう。

AGA治療薬の種類と安全性

プロペシア

飲む育毛剤「プロペシア」

現在日本皮膚科学会が進める、最も薄毛治療に効果があると認定されている薬です。この薬はAGAの最大の原因であるといわれているDHTの生成を阻害する効果があるために注目を受けています。
ですがこの「プロペシア」の主成分である「フィナステリド」は元々前立腺肥大などの薬として開発されたため、一日に服用する量を誤ると精力減退や勃起不全、肝機能障害などの報告があります。

また、「フィナステリド」は女性の服用が禁止されています。妊婦又は妊娠の可能性がある方は男子胎児の場合生殖器官等の正常発育に影響を及ぼす可能性があります。危険のないよう通常はコーティングされていますが、経皮吸収もされるため割れた錠剤などは触れないようにしてください。

ヘアサイクル

血行を促進し発毛を促す「ミノキシジル」

ミノキシジルもプロペシアと同じく、日本皮膚科学会で最も薄毛治療に効果があると認定されている薬です。塗布するタイプが一般的で、薬局などでも配合されたものを購入する事ができます。現在では飲むタイプも出てきています。
こちらの薬の作用としては毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させることで発毛を促す治療薬です。

報告されている副作用は、頭皮のかゆみはかぶれや湿疹、脂漏性皮膚炎などがあります。
またこの「ミノキシジル」も元々は高血圧の治療薬だった経緯から、現在高血圧の治療を受けている方や、低血圧の人は血圧が下がりすぎる可能性がありますので注意が必要です。

AGA治療専門の病院の安全性について

クリニックイメージ

専門の病院は、AGA治療に関する薬や治療に関する知識が豊富な専門医がいる為安全性は高いです。
万が一薬や治療によって体に不調が現れた場合、相談すれば症状に対する適切な処置やアドバイスがもらえます。
また、クリニックによっては、定期的に体に不調などが起きていないか、血液検査などを行いチェックしてくれる所もあります。安全性を第一に考えるなら、このような対応をしてくれるクリニックを選ぶといいでしょう。

一般病院での治療の安全性について

頭髪

一般の皮膚科や内科でもAGA治療薬の処方は出来ます。ですがAGAに対する専門的な知識を持っているかどうかといえば確実とはいえません、安全性をとれば専門のクリニックに見劣りしてしまいます。更に円形脱毛症や薬剤性脱毛症で無い限り診断してもらえない病院もあります。
一般病院や皮膚科での受診を希望するのであれば事前に薄毛に対応しているのかを調べてから行く方がよいでしょう。

ページの先頭へもどる