名古屋・栄のAGA・薄毛・育毛・発毛治療の|平成のふさ武将 > 薄毛の人に似合うヘアスタイル

薄毛の人に似合うヘアスタイル

髪の毛が薄くなってきてどんな髪型が似合うのかわからなくなっている人必見!
薄毛をカバーして、かつ似合う髪形をご紹介します。

薄毛を気にするなら短髪に!

男性イメージ1

薄毛が気になり始めると皆さんなぜかこぞって髪の毛を伸ばし始めます。
しかしこの行為はかえって自分の薄毛を目立たせる結果になってしまいます。
そして、薄くなった部分に無理やり髪を持ってきてスタイリング剤でセット。これも髪や頭皮にとってあまり良い事とはいえません。

薄毛でもカッコいい有名人を見ても髪を伸ばして隠すような人はあまり見受けません。
薄毛を気にするのであればむしろ短髪にする方がいいでのす。

短髪にするならどんな髪型がベストなのか

頭皮イメージ

サイドを短くしてトップを目立たせるソフトモヒカンがベスト。この髪型はどんな薄毛でも共通のボリュームがなくなって髪が横に広がり、老けた印象になるのを、 逆にサイドのボリュームをダウンさせ、頭頂部に髪を寄せて高さを出すことで活発で若返った印象を持たせる事ができます。
さらに、頭頂部の薄さにあわせてサイドを合わせることで、ムラをなくし、薄毛を目立ちにくくさせる効果もあります。

それでも限界はあります

頭皮の露出が50%を超え始めた場合は諦めて坊主にしたほうがいいでしょう。つむじや、頭頂部の毛がなくなってしまった場合も同様の事がいえます、。坊主といっても、バリカンではなく、はさみでカットしてもらえば印象がかなり違います。
また最初に美容師に薄毛の相談をすれば、一番薄毛が目立たない髪形を提示してもらえます。美容師さんはそのような方を何人も経験しているはずです。その場だけの恥だけで堂々と外を歩ける事を考えればメリットは大きいはずです。

ヘアスタイルのポイントまとめ

男性イメージ2

1. 薄くなってきたと感じたら迷わず短髪。
2. 目立たない髪形のコツは「全体に色ムラを作らないこと」
3. 頭の半分以上が頭皮になったら坊主にせよ。
4. 美容師さんに素直に相談しよう。

番外編

それでも髪がなくなってしまった場合

頭に全く髪の毛がなくなってしまった方には、ヘアタトゥーという方法も。
かなり近くで見ない限りなかなか気がつかない仕上がりで、最終手段としてこの様な方法もあるということを知っておいて損はないかも?

薄毛で似合う髪型が分からない

髪の毛が薄くなると困ってしまうのがヘアスタイルです。薄毛になることによって、これまで可能だったスタイリングが出来なくなったという人も多いでしょう。しかし、薄毛でも似合う髪型も今ではかなり増えてきています。
薄毛が気になるからといって無理に隠そうとすると、かえって薄毛が目立ってしまう可能性もあります。短髪のヘアスタイルであれば薄毛カバーもできるうえ、日々のスタイリング方法を工夫することでさらに薄毛を目立たなくさせてくれるのでおすすめです。

AGAのタイプに応じてヘアスタイルを変えよう

薄毛といっても人によってタイプは違ってきます。おでこから薄毛が広がっている人は、ソフトモヒカンが似合います。頭頂部にボリュームを出せば、薄毛で広がったおでこも目立ちにくいのです。
側頭部から薄毛が広がる人は、サイドを刈り上げたツーブロックスタイルが似合います。トップ部分の髪の毛を利用し、スタイリングでボリュームを出して薄毛部分をカバーするのも良いでしょう。綺麗に整えると清潔感も出てオシャレな雰囲気になります。
このように、薄毛のタイプによって似合う短髪スタイルも違ってくるので、まずは自分の薄毛タイプを知ることから始めましょう。

日々のスタイリングをする際の注意

薄毛カバーができる髪型を見つけることができたら、日々のスタイリングにもこだわりたいものです。ヘアスタイルを整える時に利用するのが、ワックスやスプレーなどのスタイリング剤です。しかし、薄毛の人はすでに頭皮がダメージを受けている状態なので、使う際にも注意が必要です。油分が多く含まれるワックスは使う量に気をつけるのが良いでしょう。あまり多く使いすぎるとシャンプーでも落ちにくく、頭皮に残るとさらにダメージを与えることになるので注意が必要です。適量を取り、地肌になるべくつかないように使うことが大切です。軟毛の人は、スタイリングの際にハード系のワックスを選ぶとボリュームを出しやすくなります。

短髪で満足できない人は

薄毛が目立たないヘアスタイルも多くありますが、薄毛カバーの短髪ヘアスタイルでは満足できないという人もいるでしょう。そのような人は育毛を始めるのも1つの方法です。育毛・発毛治療をすることによって髪の毛の量が増え、ボリュームアップにも繋がるので、自分の求めるヘアスタイルに近づけることができます。様々なヘアスタイルをしてみたいという薄毛の人は育毛治療専門クリニックに足を運んで育毛の相談してみるのも良いでしょう。

ページの先頭へもどる