名古屋・栄のAGA・薄毛・育毛・発毛治療の|平成のふさ武将 > なぜ薄毛でも体毛が濃い人がいるのか

なぜ薄毛でも体毛が濃い人がいるのか

体毛は濃いのに頭髪はさびしくなってきている人というのは決して少なくありません。
昔から「体毛が濃いとハゲる」といった言葉があるように、何かしらの根拠はあるはずです。
ではこのようにささやかれるようになった科学的根拠はあるのでしょうか?

男性ホルモンとの密接な関係性

男性イメージ

AGAの原因が男性ホルモンからくる事は皆さんご存知かと思います。

そもそも男性ホルモンの効果は!

・ 筋肉質な身体をつくる。
・ タンパク質を筋肉や内臓に変える手助けをする。
・ 皮脂の分泌を促す。
・ 性欲を高める。
・ 体毛の発育を促す。
とあります。では体毛と頭皮はなぜ違うのでしょうか? それもまた、男性ホルモンにあります。

男性ホルモンの性質

男性イメージ2

ここで少しおさらいですが、AGAは男性ホルモンである。
テストステロンが還元酵素「5aリアクターゼ」と結合することで、悪玉の脱毛ホルモンである「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されます。
このDHTが髪の毛の根元である毛乳頭にある受容体を結合する事で、髪の成長が抑制されるのです。DHTの影響で髪の毛の成長期間が短くなることで髪が十分に成長する前に抜けてしまうのです。

ホルモンが関係しているが多いからという訳ではない

遺伝

ここで重要になってくるのが、男性ホルモンが沢山出ているから、AGAが進行するのではないということです。 男性ホルモンの過剰分泌は稀なケースで、多くの場合が、ホルモンに対する受容体の違いなのです。
これは遺伝子を調べることで、受ける影響が高い、低いがわかります。
薄毛は遺伝するというのはこのあたりから起因してます。 もちろんDHTの影響を受けやすい(感受性が強い)人はAGAの進行も強いですが、 男性ホルモンの影響も強く受けるために体毛の発育が大きく現れます。

体毛が濃くて、薄毛の人は逆にチャンス!

DHTの影響を受けやすい人というのは、フィナステリドが効きやすい人でもあり、経口治療での効果が大きく現れるのもこのタイプです。
そして、体毛が濃い人というのも男性ホルモンの影響を受けやすい為に濃くなっているので経口薬治療の効果が高く見込めるという研究結果が出ています。

ページの先頭へもどる